top of page

劇場版上映会&声優トークショー開催レポート!




声優陣によるトークや朗読劇、重大発表も大盛り上がり!



2023年4月よりYouTubeにて配信中のボイスコミック『暁の神威 -光ノ在り処-』を制作するKAMUI PROJECT(株式会社AVENGE)が、都内映画館にて劇場版上映会&声優トークショーを開催。




声優トークショー&朗読劇の名場面をお届け!

開演と同時に第1話~第3話のダイジェストと初公開となる第4話を含む劇場版作品が上映され、主人公 橘蒼斗と少年 コータの物語に涙するファンが続出。続けて始まった出演声優9名によるトークショーでは、キャスト同士の仲の良さが伺える掛け合いが、会場を沸かせました。

応援購入サービス「Makuake」でのクラウドファンディングでチケットを購入したファンの皆様は、返礼品として配布した画像をうちわに貼り、オリジナルの装飾を施した応援グッズを持って会場に駆けつけ、一緒に会場を盛り上げてくれました。トークショーは前半コーナーにて沢井真知さんがMCを務め、小野友樹さん、宮下栄治さん、秋谷啓斗さんが登壇。

キャスト紹介とともに決め台詞が披露され、盛り上がる会場の中、「出張!KAMUI STATION」と称したトークショーがスタート。



■ 映画館の巨大スクリーンでみた劇場版の感想は・・・?


小野さんからは「暁の神威がついにこれだけの大スクリーンで観客の皆様と楽しめたことが嬉しいです。」と後方座席からこっそりファンの皆様と共に映像を観ていたことを打ち明け、ストーリーの感動シーンについてお話ししてくださいました。今回、ギャップのある二役を演じた宮下さんは「劇場版で演じたお笑いのシーンが伝統芸でした。」と3話に登場したキャラクターのお約束セリフについてコメント。秋谷さんは「自身のキャラクターが初登場となったシーンが印象的でした。」と一年前のオーディションから今日までの想いと共に語ってくださいました。沢井さんもご自身が演じるコータの成長について「感動的なシーンを観て、メイクをしていたのにボロボロと泣いてしまい、涙がこぼれないよう上を向いていました。」と、それぞれが見どころを話しました。

劇場版で初公開となった第4話はYouTubeにて配信中です。キャストが語った各シーンをぜひご覧ください。



■ ファンの皆様からの質問① [自身が演じるキャラクターの好きなセリフや好きなところは?]


小野さんは「迷ったら楽しい方を選べ」という蒼斗のセリフを選び、日常ではなかなか出来ないことを笑顔で言える橘蒼斗のような人生でいたいと語りました。一方、対極の立場を演じる宮下さんは「ギルスの“負けたやつは勝者の奴隷”という考えに、世の中の心理とキャラクターの複雑な想いを感じたからこそ共感するものがある。」と回答しつつも、小野さん演じる蒼斗の素直さに憧れる部分もあるとコメント。秋谷さんは「自然を愛しているキャラクターの性格と自身の多肉植物への愛を重ね、とてもシンパシーを感じています。」と自身の個性的な趣味についても触れ、キャストや観客を爆笑の渦に。まだまだ謎の多いキャラクターということもあり、今後のストーリー展開が気になるトークで会場を巻き込みました。最後に沢井さんは「コータが成長していくシーンやセリフが、なんて真っ直ぐでカッコいいのだろうと感じました。」と回答。どのキャストも演じるキャラクターと同じ一面を持ち合わせていると共感し合いました。



■ ファンの皆様からの質問② [他のキャラクターで演じてみたいキャラクターは?]


小野さんは「ギルスですね!と言いたいところですが、辰爺です。」と笑いながらコメント。年齢や人生経験が必要となる重みのある存在、辰爺の魅力について語りました。宮下さんは「基本的に作品と関わる上で自分のキャラクターが1番と思っているが、脳筋っぽいところのある金剛雷牙が、純粋に楽しんで演じられそうで好きです。」と回答。秋谷さんは、「モモビスをやりたいですね。クールで華麗なヴィオールと対極にいる可愛いキャラに惹かれます。」とコメントし、会場からモモビスコールが沸き上がる中、モモビスのセリフを披露。可愛い!との声援と桃色のペンライトでファンの皆様も大盛り上がりでした。最後に沢井さんは「元気いっぱいな朱音ちゃんの役をやってみたいです。みんなを明るくできるキャラクターに憧れています。」と答え、それぞれ意外な一面が見受けられました。



■ ファンの皆様の前で朗読劇を生披露!


トークショーに続けて、「3匹のこぶた」と「大きなカブ」をモチーフに作られたオリジナル朗読劇がスタート。それぞれのキャラクターが繰り出す個性あふれるセリフや振る舞いに、会場からも笑いが巻き起こり、声優キャストもアドリブでリアクションをとるなど盛り上がりを魅せました。




■ 朗読劇の盛り上がりのまま「出張!KAMUI STATION」後半へ!


後半のトークショーは森中葵さん(エルビス役)がMC を務め、小野友樹さんに続き龍神結社“神威”のメンバーとなる、武田真理子さん(鳳条朱音役)、ゆめこさん(神凪姫翠役)、森田絵音さん(金剛雷牙役)、杉浦那由多さん(烏丸宵空役)が登場。それぞれの決め台詞を披露しました。キャスト陣のファッションにも注目が集まり、各々キャラクターを意識した色の衣装やヘアスタイルでファンを喜ばせました。



■ 劇場版よもやま神威の収録は・・・?


音響監督兼、桃に扮したエルビス、通称モモビスを演じる森中さんは、劇場版よもやま神威で初めて龍神結社“神威”全員が揃ったことに感動され、和気あいあいとした収録現場の様子を紹介。

続いて小野さんが「今回初めてよもやま神威に登場し、肩の力を抜いて楽しく演じることができました。」とコメント。料理対決がテーマだったこともあり、甘党故の白玉作りエピソードを披露しつつ、神威のメンバーと楽しく演じられたことが良かったとお話しされました。武田さんは「私、実はお料理はあまりしないのですが…料理上手な朱音ちゃんとして頑張りました!」と自身とのギャップを意識しながら演技したことを語りました。ゆめこさんは、各キャラクターの“らしさ”が表現されたストーリーに「いつも以上にキャラクターの個性を見ることができました。」と語り、個性あふれるキャラクターたちの本編登場を楽しみにされていました。今回、声優イベントに登壇するのが初めてという森田さんは、「みんなと掛け合いができて楽しかったです。自分も雷牙と同様に手先が器用なんです!!」と回答。終始緊張しながらも、元気いっぱいの初々しい姿を見せ、ファンの心を掴みました。

本編にも登場している宵空を演じた杉浦さんは「女性の声も演じる役柄を今後も楽しみにしていてください。」とコメントしながら、隣で緊張のあまりソワソワしている森田さんを気遣う素振りを見せ、キャスト同士の仲の良さが垣間見えるトークが披露されました。




■ ファンの皆様からの質問 [自分の演じるキャラクター以外の「推し」は?]


小野さんは「先程の朗読劇でモモビス推しになりましたね!」と笑いをとりつつ「本当の推しはやはり厳しさの中に包み込むような優しさを感じる辰爺です。」と回答。続いて武田さんも「辰爺です。2話で登場する蒼斗に向けたセリフにグッと来ました。」と話しました。ゆめこさんは「蒼斗行きつけのお店の女将、りつこさんです!懐が大きく明るい素敵な女性で、私がもし神威の世界に居たらお店の常連になっています。」とりつこ愛を熱弁。森田さんは「蒼斗が推しです!夢に向かってひたむきに頑張る姿に背中を押してもらっています!」とコメント。森田さんの全力で答える姿に笑いをこらえられず、膝から崩れ落ちる小野さんに会場からも笑いと声援が湧きあがりました。続いて杉浦さんは「雷牙の元気の塊のようなキャラが推しです。収録時では(森田)絵音くん自身も雷牙と似ているところがあります。」とキャスト同士の良好な関係性が伺えるコメントをいただきました。最後に森中さんは「箱推しではありますが、強いて言うならヴィオ様(ヴィオール)です!」と回答。「敵対組織ながらに自分の正義を持っているところが魅力的です。」と語りました。初々しいメンバーとともにお届けしたトークショーは、会場をドキドキハラハラさせる場面がありながらも、新人キャスト陣のピュアで一生懸命な姿に魅了されるファンが続出。キャスト達の本作への愛情とファンからの温かな応援が一体となった時間となりました。



配信ライバー応援企画!コラボイベントでの受賞者が登場!

『暁の神威』と配信アプリ『ミクチャ』がコラボ。「出演キャストオーディション」にて受賞された3名に劇場版『暁の神威』へエキストラとして声優出演いただきました。この日のトークショーにも登壇。キャラクターボイスやキャラクターモデルを経験できたことへの感想をいただきました。




≪登壇受賞者のコメント≫

女性枠 グランプリ ぽんずさん

「本当に素敵な作品に関わることができて幸せでした。応援してくださった皆様、ありがとうございました。」


男性枠 グランプリ 廣居永真さん

「このような大きなステージに立てる貴重な体験をさせていただき、応援してくださった方々に感謝しています。」


女性枠 審査員特別賞 西野あやさん

「自分の声が入った作品を大きなスクリーンで見ることができて感動しました。応援をありがとうございました。」



重大発表やプレゼント抽選会で大盛り上がり!

■ 神威プロジェクトからの重大発表3連発!


【第一弾】 イベント開催記念 紙コミックス化プロジェクト

アニメイトが運営する[ソレオス]にて開催中のクラウドファンディングサービスが開始5日で100%を達成。さらに200%のストレッチゴールを達成すると、神﨑新先生が描く龍神結社“神威”5人のキャラクターページが追加されることを発表しました。

※本プロジェクトは、2023年9月30日をもちまして目標達成率269%にて終了しました。たくさんのご支援を賜りありがとうございました。


【第二弾】 神威が世界に進出!WEB3.0プロジェクト

言語や国境の壁を越え、世界中のファンとクリエイターが繋がり「想いをカタチにできる」環境の実現を目指すプロジェクトが始動。メタバースやNFTを活用する本プロジェクトが、来年2024年にリリースすることを発表し、既に制作が進んでいるKAMUi-NFTのイメージイラストを使ったPR動画にも関心が寄せられました。


【第三弾】 新キャラクター&新キャスト発表

2022年に開催した声優オーディションにて出演が決定していた声優キャストが、新キャラクターの線画ビジュアルと共に発表されました。さらに、本編中にも語られている龍神結社八卦のキャラクター4体のビジュアルも、豪華キャストと共に初公開。多くの作品に出演する実力派有名声優の面々に、会場から大きな歓声と拍手が沸き上がりました。



■ 豪華景品が当たる!プレゼント抽選会


ステージに抽選箱が登場し、来場者の中から3名を選出。出演キャストのサインが入った寄せ書き色紙やイベントポスターなど、豪華景品が贈られました。見事当選したファンは、「奇跡が起きました!これも龍の加護だと思います!」と、本作品をよく知るからこその感想を述べ、その感動と興奮を伝えてくれました。




■ フィナーレ


イベントを締めくくる登壇キャスト全員からの挨拶に加え、本イベントの主催である株式会社AVENGEの代表より寄せられたメッセージが読み上げられました。

続いて小野さんが「今日がむしろ始まりかもしれない、初のイベントをご来場の皆さんと迎えられたことを嬉しく思います。」とコメント。また、本作品がアニメや漫画の制作経験がない企業が企画したプロジェクトであることや、出演キャストやファンを巻き込んで成長していく過程をみながら、この成熟したアニメ業界・声優業界に一石を投じる要素を感じていると話し、大盛況のうちに幕を閉じました。





▼イベントにて上映された『暁の神威 -光ノ在り処-』第4話はこちら



閲覧数:372回0件のコメント

Comments


bottom of page